04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2006.12.25 (Mon)

ふぅ~。。。(--;)

みなさん、お疲れ様です

昨夜は…訳あって(え?)、布団に入るのがとっても遅くなりました。
段取りも悪く (ちぇっ!) タイミングも悪く (ひょえ~)
危ない橋を渡ってしまいました

①お兄②お姉③ちび、3人が揃いも揃って真夜中の2時半に
ゴソゴソと起き出しました。
“ 気配 ”に気付いたらしいのです。

①お兄ちゃんは、夜中だというのに
自分のベッドの上で包みを広げて盛り上がっていました。

②お姉ちゃんは2段ベッドの下段に寝ていましたが
わざわざ部屋の電気をつけて、喜びをかみしめていました。
ご丁寧に、上段に寝ていた妹(③ちび姉ちゃん)を起こしていました。
『来てるよ!開けてみなよ!』 おいおい…真夜中でっせ

しばらくは、寝たふりをして うとうとしながら、放っておいたのですが
時間が時間だけに、まるでその時起きたように装って
『なにが始まったのぉ??今何時?』と声をかけてみました。

午前3時20分過ぎでしたよ
こんなことは、初めてです

今夜はとても眠い(あったりめ~よっ)

そして明日26日は、ちょ~~早起きしなければなりません。
午前5時半ころの電車で出かけます。

①お兄ちゃんの一人旅・第2弾であります
パパとカーリーで、新幹線ホームまで見送りです…

昨年の年末に初めて一人でに乗りました。
DVC00002.jpg
出発のベルが鳴ったらでした…

あれから1年…今回はどうかな…
…ってゆーか、早く寝ないとっ おやすみなさい
EDIT  |  23:47  |  番外編  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

Comment

そっかあ、こども達はプレゼントが楽しみなんですねv-25
でも、嬉しくて夜中にゴソゴソ始めるなんて、可愛いですねv-415
クリスマスが終わると、もうお正月の準備ですねv-457
ポコ |  2006.12.26(Tue) 08:04 |  URL |  【コメント編集】

本当にお疲れさまです。
そうですよね~お子ちゃまはこの日をずーっと楽しみにワクワクしているんですものね~♪
信じる者だけに訪れると云うサンタクロースは目には見えないもの・・・
愛情と同じで、誰にも見えないものがこの世で一番確かなものなのでしょうね。
子どもだけでなく、大人もキラキラした心を持てるなんて・・・
私はクリスチャンでもありませんが、そんな気持ちになれる素敵な一日ですよね☆
①お兄ちゃん、今年も行くんですね~
きっとまた貴重な体験を積んで、一回りも二回りも大きくなって戻ってくることでしょう。
今回も・・・(/_;)かな??^^;
ムサシママ |  2006.12.26(Tue) 11:42 |  URL |  【コメント編集】

別れのシーンってどうしてかわからないけど泣けてきますよね!新幹線だとまだ良いのですが、船に乗る人を見送るときなんて、泣けて泣けて大変でしたよ!一人で新幹線に乗って、これってお兄ちゃんを成長させてくれる体験になるんじゃないかな?可愛い子には旅をさせろってね!
タルトママ |  2006.12.27(Wed) 09:29 |  URL |  【コメント編集】

お久しぶりです~。覚えていらっしゃるかしら?とちょっぴり不安と緊張でどきどきの初書き込みで失礼します。いつも楽しく拝見させてもらっています。
去年、お兄ちゃんの一人旅のこと、おない年の息子を持つ身としては、ハラハラドキドキでした~切なくなるような、でもとってもすごい体験、尊敬のまなざしでしたv-10 で、そのときの写真をアップしていただいて、思わずひとこと…このホームは、泣ける…!
今年も、元気でいってらっしゃーい!(お土産話も待ってまぁす)
まろん |  2006.12.27(Wed) 22:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントありがとうございます!!!

v-456ポコさま
もう冬休みなので、少しの夜更かしは容認中ですが
イヴの晩は、子供たちみんなさっさと寝床に入っていました!
そう、次はお正月っていうイベントを心待ちにしている子供たちです。
大人は…年末年始はせわしくてねぇ^^;

v-456ムサシママさま
も~e-268 もしかしたら、“ サンタ ”の背中ぐらいチラッと
見てしまったんでは??と思うような間の悪さ><
でも、やはり子供の幸せ・喜ぶ顔に代わるものはありません。

v-456タルトママさま
きっとすぐにケロッとしているのですが、
このタイミングで、楽しみと緊張や不安をひっくるめた高揚した気持ちが
ピークに達するのですね…
パパの実家は島にあるので、船にも乗りますよ。
今回は義母が息子をJRホームまで見送ってくれますが
お盆の帰省の時は、船に乗る私たちが見送られる側です。
もちろん、息子はお約束のように、涙・涙v-356

v-456まろんさま
覚えていますとも!“ まろん・ぽろん ”のね!!
読んでいただいて、嬉しいです!!!
今年も、本人の希望もあって送り出しました。
時間は1年経っていて、息子も確実に成長しているのですが
こちらの心配な気持ち、それでもチャレンジして欲しい気持ちは
いつも同じですね。

カーリー・チョコ |  2006.12.28(Thu) 07:36 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |