にぎやかな我が家にやってきたココ。ココの成長と、私たち家族の時間。。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
回想録 ①
2006-05-09 Tue 01:12
実家で飼っていたは、カーリーの弟が拾ってきた♀で
柴系mixでした。

弟は、小学校の体育の時間、マラソンで学校の周辺に出て走っていた時
小さなを見つけて拾い、そのままマラソンで自宅に立ち寄って
母にを手渡して、またマラソンに戻って行ったそうです。

最初は『誰か飼ってくれる人を見つけるまで』の約束でした…(ムリムリ)
案の定?その小さなは、家族の一員となりそれからなんと17年もの間、
一緒に過ごすことになりました。

そのコは弟がリッキーと名付け、家族みんなに可愛がられました。
特に、いろいろな世話を一番良くみてくれたのは、カーリーの祖父でした。

リッキーが我が家の一員に加わって4年ほどたった頃、そのじぃちゃんは
のどの病気を患って入院し、声を失いました。

どの犬も賢いのでしょうけど、じぃちゃんとリッキーのつながりは
他のどの家族よりも強く、確かなテレパシーで通じ合っていたんだと思います。

声を失ったじぃちゃんとリッキーとのそれまでとなんら変わらない毎日。
声は出なくてもじぃちゃんの言おうとすることが、リッキーには
全部わかったみたい。これが本当の心のつながり、コミュニケーションなんだなぁと
感動したのを覚えています。

リードを手綱のようにポンと体に当てると、クルッと振り向いて
「じぃちゃん何?」という表情のリッキー。
うっかりリードを離してしまっても、次の角でじぃちゃんを待つリッキー。
お料理上手だったじぃちゃんにお裾分けをもらって、幸せそうだったリッキー。

リッキーがひどい風邪をひいて心配でたまらなかった晩。
夜中にホンの一口、トマトをなめてくれた時の安堵の気持ち。

ちょうど17年目の冬、弱って苦しそうにして痛みに耐えるように
リッキーは自分で自分の前足を噛み続けていました。
水の入った容器を近づけても、体をさすってやろうとしても
うなって拒絶しました。
うちの家族に歯をむくなんて、一度だってしたことのなかったリッキーが
構う人誰にでも噛みついて、拒みました。

“ 触らないで! " と悲鳴をあげているようでした。

12月25日早朝、リッキーは痛みと苦しみから解放され空へ。
まだ本当に幼かった上の二人の子供達には
「プレゼントを全部配り終わったソリに、サンタさんがリッキーの席を
用意してくれたんだよ」と。

③ちび姉ちゃんは生まれていなかったので、リッキーには会ったことがありません。
でも時々、リッキーが雪の中を大喜びで遊んでいる写真を見せて
思い出を話して聞かせます。。。。。








別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<新事実 判明! | こっち向いて、ココ! | またまたお留守番。。。>>
この記事のコメント
弟さん、どうしてもその仔犬(リッキーちゃん)を放っておけなかったんでしょうね。優しい弟さんですね。
でも、マラソンの途中で家に寄るとは…少々大胆な弟さんかな?
リッキーちゃん、17年も生きたんですか?長命でしたね。おじいちゃんのテレパシーは十分に伝わってたと思います。犬は人の精神状態まで読み取るといいますからね。人と犬の関係って凄いですよね。
ココちゃんもカーリーさん一家に見守られて長生きして欲しいですね。
2006-05-09 Tue 12:36 | URL | ひな*とむ姉さん #-[ 内容変更]
ひな*とむ姉さま

弟が二人いるのですが、リッキーの拾い主は上の弟です。下の弟が叱られると、真っ先に泣いていたのは上の弟でした。気が小さくて、優しい子でした。今は、良いお父さんになって、ガンガン叱りとばしてます!

もうココがいなかった頃が思い出せません。
そこにいて当たり前になりました。普通でいいからこのままの緩やかな毎日が続きますように…
2006-05-09 Tue 13:32 | URL | カーリー・チョコ #-[ 内容変更]
そんな事があったんですか!
拾った弟さんがステキな出会いを運んで来てくれたのですね。
そして、リッキーちゃんとおじいさまとの出会いも、会うべくして出会ったと運命を感じますね。
人間とわんこの関係は人間同士以上だったりする事も少なくないかもしれません。
おじいさまも、弟さんも、そして二人の幼いお子様に「サンタさんが席を用意してくれたんだよ」と話して聞かせたカーリー・チョコさんも素敵です。
とても心温まるお話に、感動しましたi-241
2006-05-11 Thu 08:52 | URL | ムサシママ #-[ 内容変更]
ムサシママさま

コミュニケーションって、深いですね。
対人間でも、対動物でも心をかけて関わるときちんと伝わるということをじぃちゃんは教えてくれました。
2006-05-11 Thu 12:24 | URL | カーリー・チョコ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| こっち向いて、ココ! |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。