06月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008.03.27 (Thu)

卒業式 謝辞も掲載

『卒業式 謝辞』『保護者代表謝辞』等でのサーチが多いので
追記に、私が書いた挨拶文を載せてみました。
心をこめて書きました。 是非読んでみてください。


*******************************

3月24日、雨降りの激寒だった月曜日
①お兄ちゃんが小学校を卒業いたしました。

P1110686.jpg


一人ひとり、壇上で一言述べてから、証書を受け取ります。

①お兄ちゃんは 『最後の運動会、団長として優勝できてよかったです』 と
大きな声で言いました。

P1110672.jpg


P1110674.jpg


各位からの祝辞をいただいた後は、在校生のほうへ向き直って
歌 『旅立ちの日に』 と、『喜びの言葉』 です。
P1110679.jpg


そして、式次第 10は、卒業生保護者代表挨拶 ですよ。

ハイ、呼ばれましたワタクシの名前が。。。
 
今回はワタクシの画像はありません。。。
パパは年度末の超多忙期で、どうしても卒業式に出席出来ませんでした。

保護者代表になると、保護者席の最前列の特等席を確保していただけるので
それだけは、よかったと思います。


カーリーにとって、とても大切な友人であり、
①お兄ちゃんにとっては恩師である方からいただいたお花
P1110698.jpg

元気が出る、鮮やかなビタミンカラーのお花たちです!!

P1110700.jpg


その他、①お兄ちゃん宛のお祝いメッセージが、カーリーのケイタイに
たくさん送られてきました


宿題もないし、いわば“ノーリード”状態の子供たち。。。
春休みも結構長い…



卒業生保護者代表挨拶 掲載
*2月下旬から3月中旬は昨年の卒園式謝辞にアクセスが集中でした。



【More】

僭越ながら、卒業生保護者代表挨拶をさせていただきました。
以下、昨年の幼稚園での挨拶文もパクりながら、まとめてみました。

『命』をテーマに書きました。
つい先日、身近なところで中学2年生が、その前途洋々とした人生を
絶つという、悲しく残念なことが起こりました。
親として、人として、改めて考えさせられたからです。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*


花のつぼみが膨らんで虫たちが顔をのぞかせ、
見渡す木々は力強く芽吹き出す春の訪れを感じる今日、
このように晴れやかな卒業証書授与式を挙げていただき、ありがとうございます。

小学校は6年間学ぶと当たり前に、卒業という日がやってくるものです。
でも、果たしてそうなのでしょうか。
生まれてからこの日を迎えるまで12年間、大切にはぐくんできた命ではありませんか。
何をどうやっても、かけがえのない一人に一つの、大切な命ではありませんか。
「当たり前」にこの日を迎えた命など、無いのかも知れません。

熱が出た・病気になった・立った・歩いた…そして、入学してからの6年間を、
たくさんの仲間達と互いを育てあい、学び合って、心も体もたくましく成長した姿に、
胸がいっぱいです。
遠足や運動会、林間学校に修学旅行と6年間の思い出は語り尽くせません。
いくつもの経験を通して、一人じゃないこと、例えちっぽけな一人一人でも、
集まれば大きな力になるんだと学んだことでしょう。

つい先日、六年生を送る会での『生きる』の群読は、まさに小さな力が集結して
大きなうねりを起こし、聴く側の心に感動を残してくれました。
そこには生き生きとした命の躍動がありました。
                                    *『生きる』谷川俊太郎

これまで、ときに厳しくそして優しく、共に子供たちの成長を見守ってくださった先生方
ありがとうございました。

小学校は豊かな緑に恵まれた、素敵な学校です。
それだけでなく、地域の皆さまの温かい目に支えられて
子供たちは今日この日を迎えられました。
そのご厚意に感謝しながら、私たち保護者はこれからも
子供たちの手本となるべく精進してまいります。

子供たちは、背筋を伸ばして胸を張って卒業します。
その、不安そうな背中をそっと押してやってください。
次の一歩が踏み出せたなら、きっと大きく羽ばたいてくれると信じています。

最後に、小学校のますますのご発展と、
諸先生方、縁あって子供たちにかかわっていただきました全ての皆さまの
ご健康とご多幸をお祈りいたしまして、お礼の言葉とさせていただきます。

                            平成二十年三月二十四日

                                卒業生保護者代表
                                
EDIT  |  10:52  |  子供たち  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

Comment

v-252①お兄ちゃん,卒業おめでとう!!v-314

そして,カーリーさんもおつかれさま!

ウチも昨日から春休みです。
でも,お子たちよりも,「大きなお子」まで春休みなのがナンです(笑)
ほしくま |  2008.03.27(Thu) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

ご卒業おめでとうございます。

春からは、制服姿ですね。
カーリーさんもお疲れさま。
ノーリードって、いい表現!
Just Wan |  2008.03.27(Thu) 14:32 |  URL |  【コメント編集】

ほしくまさまへ♪

お祝いの言葉をありがとうございます!!

春休みも、じっくり長いですよね…
だからこそ出来ることがありそうですが、やっぱり
ナンですよねぇ…v-389

ほしくまさんも、お忙しそうですが
お体を大切にしてくださいね!
ほしくまさまへカーリーより |  2008.03.28(Fri) 01:05 |  URL |  【コメント編集】

JustWanさまへ♪

お祝いの言葉をありがとうございます!!

ここへ来て、息子に背丈を抜かれました。
あ、私は153㎝しかありませんけどね。

その息子が、我が母校でもある中学校へ進学です。

今でも、カーリー家は動物園のようですからね、
ノーリードって危険ですよっ^^;
JustWanさまへカーリーより |  2008.03.28(Fri) 01:09 |  URL |  【コメント編集】

改めまして、、、①お兄ちゃんのご卒業おめでとうございます(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)
団長としての優勝は、達成感と充実感で心に大きく残っているのでしょうね♪
①お兄ちゃん、泣いちゃいました?
6年間は長かったかな?あっという間だったかな?
大切なこと・人・もの・夢中になれることは見つかったかな?
これまでに仲間と一緒に鍛えた精神力をバネに、そして数々の大切な思い出を胸に、新たな生活の中で大活躍されることを期待しながら応援していますFight!!(o^-^)尸~''
それにしてもカーリーさん、幼稚園でも小学校でも、入学式でも卒業式でも、保護者代表挨拶ご苦労さまです。
カーリーさんの思いを、カーリーさんのお言葉で、カーリーさんらしい挨拶文に感動しました☆
↓ラムちゃんご実家にね(。-∀-)ニヒッ
ココちゃんはママのラムちゃんと頻繁に会えて、お互いに嬉しいですね♪
今度、是非ご対面させてくださいね~ヽ(*’∀’*)/
ムサシママ |  2008.03.28(Fri) 10:09 |  URL |  【コメント編集】

小学校卒業おめでとうございます♪
カーリー・チョコさんの挨拶、いいですね!ありきたりの文ではなく、
心のこもった文です。
春休みは賑やかで、良いじゃないですか。
タルトママ |  2008.03.28(Fri) 10:27 |  URL |  【コメント編集】

ムサシママさまへ♪

①お兄ちゃんへのお祝いメッセージ、ありがとうございます。
卒業式全体が、晴れ晴れとしていて泣いている児童はいませんでしたよ。
お母さんの中には、ちらほらいたようですが、少なかったと思います。

彼にとってどんな6年間だったのでしょうね…
いろいろあったし、そばで見守ったり口出ししたり、充実?していました。

挨拶もね、承けたからにはキチンとと思いますし
あんまりにもサンプルのような決まり文句ばかりでも
“らしく”ないので、一生懸命考えて書きました。

ラムのことも、ココ同様よろしくお願いしますね!!
ムサシママさまへカーリーより |  2008.03.29(Sat) 12:02 |  URL |  【コメント編集】

タルトママさまへ♪

お祝いの言葉をありがとうございます。

挨拶を承けてから、いろいろ考えていました。
テーマを『命』に決めてからは、在校生として卒業式に出る4年生5年生にも
伝わるような言葉で書くことを心がけました。

ハイ、長期のお休み中は
朝からとっても賑やかな日々が続きますね…^^;
タルトママさまへカーリーより |  2008.03.29(Sat) 12:09 |  URL |  【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.17(Sat) 11:39 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |