04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008.11.01 (Sat)

いよいよ、本コースへ♪

本コース試乗の続きです

コースの全長は4.563km

本コース

この試乗研修では、3人1組で1台に乗車。3台1グループで走行しました。
インストラクター同乗はなく、先導車の後ろに3台が続く4台での隊列走行です。
無線で出されるインストラクターの指示に従って走行……するはずが!!!

私と組んだ他のお2人は、とっても若い販売店のセールス。
インストラクターが同乗していないからか、
乗り込んだとたん、すっかりやんちゃな男の子になってしまいました!

無線を聞いていないというよりは、高揚して耳に入っていなかったのだと思います。

各コーナーごとの、速度の指示は全く無視。
事前の講義で言われていたコーナーワーク〔アウト・イン・アウト〕も守れず
前をゆく車両との距離を離しては猛スピードで追いかける、ということを繰り返し

とうとう、割り込み無線で監視スタッフに怒られちゃいました。

名指しで入った無線だったのに、そのボクちゃんは
『今の、なんやったん?』  (関西の販売店の方デスネ…)


この車両が隊列を乱している、と指摘があったんですよ。
あなたの名前、呼ばれてましたよ。



『マジでぇ??そぅやったん??へぇ~!』と

まるで、箔が付いたかのようにおちゃらけてました。。。
もちろん、降りてからもスタッフに厳しく言われてましたが

『ワザとじゃないんです。』とか、ホザいてました


こんなヤツの運転で3ラップ、180km/hの恐怖体験でしたよ。
後部座席にいた私は横方向のGにやられ、ヘロンヘロンになりました(オエ~ッ)

運転手を交代して、また3ラップ。
2人目の方は、まだマシな運転をしていました。
確かに、初めて乗る車両でアクセルの堅さもブレーキの感覚もつかめず
いきなり高速でしかもサーキットを走るのは、難しいことです。


ここまで、合計6ラップ走行しました。。。
すでに、気持ちは

さすがにやんちゃな男の子たちも「もう、えぇわ…」と。。。

『いいえ!(何言ってんだ)』
『あと3ラップ、私の運転にお付き合いいただきますっ!!!』

          (アタシはこう見えて、かれこれ20年、運転してるんだ!甘く見るなよ!)


実際、起伏のあるサーキットコースで、高速で、言われたとおりに走れってほうが


          むり!



さんざん、男の子たちを右に左に振り回し
みんなで気持ち悪くなって終了 合計9ラップ。 お疲れ様でしたー


研修中の写真は撮れず、帰りのバスが駅に着いたのは新幹線発車時刻の5分前!
私と、同じ部署から一緒に研修に参加した他の3名と改札抜けて猛ダッシュしたので
お土産すらありません。。。 ま、研修ですから。 旅行ではないのでね…^^;


唯一の“戦利品”はというと。。。。。 紙カップ。 未使用ですよ…

フジ  カミコップ

みんな、お留守番ありがとう。
無事研修終えて帰ってきました。

トリミング後の
                               10/27トリミングしました♪


EDIT  |  19:25  |  番外編  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

お疲れさま~!

研修お疲れさまです。唯一のお土産の紙カップ、微妙にひしゃげてますね。後部座席にいたとき、カーリーさん何か握りしめていませんでしたか?
何はともあれ、ご本人が無事で良かったです。
ココちゃんもトリミング後はグッタリですか?ウチのもうそれこそサーキットで360キロで走る車の後部座席から降りてきたみたいに、ヘロヘロになって帰ってきます。
ココパパ |  2008.11.01(Sat) 20:54 |  URL |  【コメント編集】

ココパパさまへ♪

今頃、のこのこ出てきてお返事するのが
大変恥ずかしいのですが…


あぁ、この富士の研修から早2ヶ月半…
このとき研修した新車両がいよいよ発売になるんですよ。
また新しいコトをゆるんだ脳みそにたたき込まなくてはなりません。
まぁ、お仕事ですからね。
この不況下、失職するワケにはいかないカーリー家です!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

またパパさんのところにも、伺いますからね!
ココパパさまへカーリーより |  2009.01.16(Fri) 10:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |